仕事

夫がリモートワークになりました ~準備編~

保育園自粛中の未就学児2人がいる中、リモートワークになった夫と、通勤が続く私が行った自宅保育の対応・対策です。

緊急事態宣言の発令

新型コロナウイルス対策として政府は4月7日に「緊急事態宣言」を発令しました。
対象地区は東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫および福岡で、私が住む愛知県は外れ、ツイッターでは「名古屋飛ばし」がトレンド入り。

愛知県知事は国へ愛知県も対象地区に含めるよう要請するとともに、4月10日金曜日に県独自の「緊急事態宣言」を発令しました。

夫は在宅、私は出勤、子どもたちは保育園自粛に

私の夫は設計関係の仕事ですが、電車通勤をし、50人くらい集まるオフィスで働いていたので、感染リスクが高くハラハラしていました。
ずっとリモートワークになる気配がありませんでしたが、この県独自の「緊急事態宣言」を受けて在宅に切り替わることに!

一方、私は建築に関わる届出書類の作成業務をしており、火曜~金曜の週4日のパート勤務です。
私も電車通勤で時間的にそこまで混んではいませんが、少しでもリスクを減らすために最近、車通勤に切り替えました。
オフィスは少人数、全員が車通勤ということで今のところ出勤が続いています。

今日4月13日月曜は私が休みなので、子どもたちと自宅にいますが、明日からは夫が家で仕事をしながら子供二人と過ごすことになります。

子どもが家にいる状態で仕事をするのは初めてなので、どれくらい捗るのか、子どもの様子はどう変化するのか分からない事ばかりです。

家族みんなの負担をできるだけ減らすために準備したこと

仕事場の確保

私のパソコンはダイニングの片隅に置かれていましたが、夫は家でパソコンを使うことがなく、個室も作業スペースもありません。

仕事スペース新設場所の選択肢は2つ。

  1. 子供たちが日中過ごしているリビング&子ども部屋と同じ空間。

    子どもの様子が確認できるので安心ですが、仕事に集中できるのか心配。
  2. 主に物置として使っている別室。

    子ども部屋と別室まで扉が2枚と廊下があり少し離れているので、集中して仕事ができそうだけど、子どもたちの気配もあまり感じられず、長時間は心配。

一長一短ですが、我が家はとりあえず②の別室に仕事スペースを設け、扉を開けたままにして声や気配を感じられる状態にしました。
 
本棚をずらして急遽準備した仕事スペース。会社から持ち帰ってくるパソコンとモニターを置き、ダブルディスプレイで使用する。
2つめのモニターを置く場所がデスクになく備蓄のお水の上に(-_-;)

食事の準備

夫は簡単な昼食を作ることはできますが、負担をできるだけ減らし、お昼休みは自身の休憩と子供と過ごす時間にできるようあらかじめ4日分の準備しました。

4日間お昼は同じメニューです。
おにぎり、お味噌汁、唐揚げ+前日のおかずの残り。
昨日の夕飯が唐揚げだったので大量に作って冷凍しました。
おにぎりは1人2個ずつ3人分×4日分で24個。5合炊き1回で足りません!

お昼はこれを解凍しササっとすませます。今週はこれで過ごしてみて、改善が必要そうであれば来週以降は検討する予定です。

おにぎり24個と唐揚げ4日分。そしてインスタント味噌汁

私の仕事の調整

私は通常9時~16時で勤務していましたが、7時~14時に変更することに。

朝5時起き6時に家を出るのは大変かもしれませんが、帰宅時間を早くして少しでも夫が集中して仕事できる時間を作ることが目的です。

15時頃帰宅できるので、その後は私が子供の対応と夕食の準備をします。
この出勤時間に対応してくださった私の職場に感謝です。

子どものおもちゃ、テキスト等を追加

ダイソーでテキスト、粘土、自由帳などを購入しました。

(子どもたちの誕生日は冬ですし)新たなおもちゃの購入予定は当分ありませんでしたが、急遽「LaQ」を購入しました。

購入したのは『LaQボーナスセット2019』

お得なセットとはいえ、なかなか高級なおもちゃなので迷いましたが、長く遊べそうな知育玩具だし、いつ解除されるか分からない外出自粛を楽しく過ごせるように購入を決めました。

下の3歳児には早いかもしれませんが、以前おもちゃ屋さんで集中して組み立てていたので、上手に作品は作れなくても遊べるかなと期待しています。

現在発送待ちのLaQは実際に遊んでみた感想を後日紹介したいと思います!

すべてダイソー。子どものテキスト系は100円ショップの中でもダイソーが一番!

実際にリモートワークは始まれば、新たに見えてくる課題があると思います。
どれだけ仕事を中断することになるのかまだ分かりません。

子どもたちはおとなしく遊んでくれたら嬉しいですが、ずっと放ったらかしにはしたくない。
実際に始めてみて、子どもの様子、今後のバランスを調整したいと思います!