ランドセル

キューポット(Q-pot.)ランドセルを購入!リアルな口コミ【2021】

キューポットは、ホイップクリームやチョコレート、アイスクリームなどのスイーツをモチーフにしたアクセサリーブランド

そんなキューポットからスイーツがテーマのランドセルが発売されています!

Q-potランドセル公式サイトより引用

Q-potランドセル公式サイトコチラ

まったくノーマークで、候補に入っていなかった(存在を知らなかった…)キューポットのランドセルですが、たまたまデパートのランドセル催事場で発見し、娘が気に入ったので購入しました。

実際に購入して気づいたキューポットランドセルの特徴や、ポイントをたくさんの写真と一緒に紹介します!

ラン活の候補にある方は参考にしてみてください♪

キューポットランドセルの特徴

ミントキャンディー
色は、落ち着いたくすみ系の水色

メリット1.細部までこだわったデザイン

キューポット好きにはたまらない、細部までこだわったデザイン。

スイーツモチーフは、子どもも大好きですよね~

スイーツモチーフとはいっても意外とデザインはシンプルで、6年生になっても違和感なく使えそう!

子どもが一目で気に入るものって派手な飾りがついているものが多いですよね。

でも、キューポットのランドセルは色味も落ち着いていて、派手じゃないのに、よく見ると一つ一つのポイントにこだわりがあって、細部までかわいい!

かぶせ部分にキャンディーモチーフ

メリット2.安心の品質

アパレル系のランドセルって、工房系やランドセルメーカーの物より、品質に不安がありませんか?
私も、もともとは土屋鞄が候補でアパレル系は全く候補外でした。

でも実際は、品質・機能面も問題なく、実際に手に持ってみた時も「こんなに機能が充実してるの?」と驚きました。

  1. 人工皮革で軽い、手入れが簡単
    (1,250g)
  2. ウイング背カン
  3. 大容量(A4らくらく)
  4. ハンドル&フック付き
    (大人でも持ちやすいハンドルと、ラックに掛けやすい金属フック)
  5. サイドポケット付き
    (定規やリコーダーが収納できる)
  6. 肩紐やサイドにカンやフックがたくさん!
  7. 自動ロック
  8. サイドに反射ベルト

全然機能面も心配ない!むしろ大充実!

フック・カンがたくさん!
左右が自由に動くウイング背カン
自動ロック。金具部分もビスケットみたいでかわいい

実は、ランドセルの販売元は「加藤忠」という昭和37年設立の老舗企業です。ランドセルや学校指定鞄を作っている専門の会社で、国内生産・職人の手作りです。もちろん6年保証付き。

背あて部分は「TEIJIN」の「エアリー」という人工皮革を採用。水滴よりも小さい孔で、雨や雪を防ぎながら通気性を持つ高機能素材です。

メイン・サブ・ファスナーポケットと収納も大容量

メリット3.充実の付属品

充実の付属品
  1. オリジナルポーチ
  2. 雨カバー
  3. ネームホルダー

雨カバーって必要なものなので、ランドセルとお揃いで最初から付いてくるのは嬉しいですね!

デメリット1.人工皮革のみ

本革のラインナップはありません。お手入れしやすく軽い人工皮革のみ。

デメリット2.高価

価格帯が、84,000円~110,000円と高価です。

ラインナップと価格はコチラ

デメリット3.手に取って確認するのが難しい

店舗で実際に手に取って確認できるのは、

  • Q-pot. 表参道本店(東京)
  • Q-pot. 東京スカイツリータウン・ ソラマチ店(東京)
  • Q-pot. ルクアイーレ店(大阪)

この3店舗と、全国主要都市の百貨店のみです。

しかも2020年6月現在で、店舗はすべて販売終了し、オンラインショップのみになっているので、なかなか実物を確認するのが難しそうです。

実際にキューポットランドセルの口コミを探しましたが、「予約もなかなかできない!」といった声が多く、商品の品質についての不満は特に見つかりませんでした。

キューポットランドセルの購入方法

私が購入したのは、5月末、「松坂屋名古屋店」のランドセル催事場です。

購入した「ミントキャンディー」以外は完売していました。

今年はコロナウイルスの影響で、スタートが遅かったので運よく購入できたのかもしれません。

2020年6月現在、オンラインショップのみの販売で、在庫はわずか。

過去には売り切れた物の再販もあったようですが、2021年モデルの再販はないようです。

キューポットのランドセルは、今年3月1日予約受付開始だったので、年中さんの3月からラン活スタートしないと気に入ったモデルを購入するのは難しいかもしれません。

は、早い…ラン活おそるべし…

キューポットランドセルの保証

販売元の「加藤忠」で6年保障が付いていますが、かぶせのモチーフが壊れた場合は保証外でかぶせ部分全体の交換になり、有料修理になるようです。

キューポットランドセルに合うカバー

とってもかわいいランドセルですが、このモデルはカラーが淡いので、汚れが心配。

6年間使うので、できるだけ汚れが付かないようにしたいですよね。

私が用意したランドセルカバー(Lサイズ)▼

ランドセルカバーは色々ありますが、私の条件をクリアするものが意外と少なく探すのが大変でした。その条件とは…

  • 柄無しの透明
  • 白くならない素材
  • 幅が合う

これくらいなら普通にありそうなんですが、キューポットランドセルの幅が微妙に大きく、一般的なランドセルカバーのサイズが数ミリ入らないんです。(2021年モデル)

Lサイズのカバーで、縁取りは反射板素材のこのカバー、キャンディーシリーズの淡い色合いともケンカせずになじんでちょうど良かったです!

届いたときは三つ折りで折跡がありましたが、上に雑誌を置いて数日経ったら気にならなくなりました。

上部はゴムで金具に取り付けます

中はこんな感じで、ゴムが1本あります。

ゴムの黒は表からほとんど見えないので気になりませんでした。

初めは水色の縁取りにしようと思ったんですが、ランドセルの水色がくすんでいるので、微妙に色合いが合わなくて逆に目立つかなと思い、反射板のシルバーグレーにして正解でした!

まとめ

オリジナルの時間割表

実際購入して、販売元や素材をチェックすると、アパレル系ランドセルは見た目重視で、機能はイマイチ?なんて不安は吹き飛ぶ高品質でした。

オンラインで購入しても後悔しないランドセルではないかなと思います。

なかなかじっくり手に取って確認できない時に、参考にしていただけたら嬉しいです。入学式が楽しみだ!
【完全版】子供用GPSの5社を比較。各社の特徴から自分にピッタリを選ぼう小学校の入学で初めて親から離れて行動する子供を見守るために、子供用のGPSについて調べました。主要な5社を徹底的に調べ比較。みもり、まもサーチ、GPSBot、ソラノメ、どこかなGPSの5社からピッタリの1台を探してくださいね。分かりやすい表でチェック!...
グリローズ(grirose)のランドセル2021レポートグリローズってどんなブランド?メリットとデメリットをご紹介。名古屋店に行った口コミレポートです。メリット1 土屋鞄の新ブランドであること。メリット2 6年間の無料修理が保証されていること。デメリット1 ツヤのもちと傷つきやすさが分からない。デメリット2 ランドセルカバー使えない。...
土屋鞄ランドセル2021レポート 2021年度の土屋鞄ランドセルの展示、注文受付が3/12(木)にスタートしました。開始から初の日曜日に名古屋の店舗へ行ったので、お店の...