教育

幼児教育ポピー「あおどり(年長用)」の見本内容と感想

幼児教育のポピーって一度は聞いたことあるんじゃないでしょうか。
年長の娘に無料見本を取り寄せ、使ってみました!

結論から言うと、見本を使ってとても良かったので入会しました!

幼児ポピー公式サイトはコチラ

幼児教育の「月刊ポピー」って?

昭和48年に発足した全家研(全日本家庭教育研究会)から発刊されている家庭学習教材です。

2019年4月に大幅リニューアルをして、入学準備がさらに充実!
特別教材(紙orデジタル)が毎月届くようになりました。

幼児・小学生・中学生までと、キッズイングリッシュ教材があります。

幼児のラインナップ▼

2~3歳用 ももちゃん
年少用(3~4歳) きいどり
年中用(4~5才) あかどり
年長用(5~6歳) あおどり 

このように4学年で分けられており、この記事は年長用のあおどりの見本と本誌の内容と、実際に使ってみた感想です。

幼児ポピーの特徴

低価格
年会費・入会金・送料は無し。月会費のみです。
ももちゃん・きいどりは月額980円(税込)
あかどり・あおどりは月額1,100円(税込)

参考:幼児教育の定番「こどもちゃれんじ」は12ヶ月の一括払いで月あたり1,980円なので、ポピーはやっぱり安いですね~

毎月の負担が軽いと続けやすいし、兄弟も一緒に始めやすい♪

学校教材のノウハウが生かされている。
小・中学校で使用されているドリルなどを発行している「新学社」で作られているため、入学後の勉強もスムーズに進められそう!

学習用のテキストのみ
ポピーはおもちゃの付録などはなく、シンプルな内容です。
テキストに使うシールや工作系の紙教材orデジタル教材(特別教材)は付いていますよ!

家庭学習教材って毎月付録があるから家のおもちゃがどんどん増えて収納が大変!

って思うことありませんか?テキストと紙教材なので、使い終わって必要ないものは処分できます。

おためし見本の内容

  1. あおどり抜粋版おためし号
  2. 家庭学習の手引き【幼児版】
    -ポピーの教育理念や育児アドバイスが載っています
  3. 幼児ポピー入会へのご案内
  4. 入会申し込み用紙・入会特典チラシ

♪幼児ポピー無料の見本お申込み♪

あおどり抜粋版おためし号の内容

14ページフルカラー(本誌は合計76ページ)

シール貼り
すぐに始めてしまってシールの写真が撮れなかったのですが…(^^;)

A4サイズ1枚分のシールがあり、見本でこれだけあったら大満足!
1ページ目は自由にシールを貼って遊園地を作るページ。
正解のない遊びのページですが、これからの学習の期待を高め、楽しく進められる導入部分になります。

かず・もじ・ことば
2ページ目からは数を数えたり、文字を学ぶページがあります。

かずのページは数えてシールを貼ったり、もじのページは見つけたら色を塗ったりと、子どもが喜ぶ要素を取り入れているので、楽しく進められました。

運動あそび
運動あそびのページでは、跳び箱をとぶ前段階の体の動かし方を遊びながら教えてくれます。

娘は「よる、お布団の上で一緒に練習しようよ~」とやる気満々!

入学準備
入学準備はえんぴつの持ち方でした。正しい姿勢も乗っていて、写真を見ながら練習できます。

娘が使ってみた反応&感想

とても楽しんで取り組んでいて、2日くらいで全部終わりました。
内容は、初め簡単すぎるかな?と思いましたが、ちょっと悩んだり、時間がかかるページもあり、実際やってみると全体のバランスが良かったです。

子どもの大好きなシールがたくさんあり、フルカラーで楽しい紙面と可愛らしいイラストで飽きることなく最後まで取り組んでいました。

本誌の方は思考力めばえの「わぁくん」と、もじ・かず・ことばの「ドリるん」合わせて76ページもあるので、やりがいがありそうだな、と期待大!

本誌そのままの抜粋なので、全体の内容がつかめました。子どもにとっての難易度や、意欲もわかるので、入会前の無料見本はやって損はなし!

見本を体験し、さっそく入会しちゃいました~!ボリューム増の本誌が楽しみです

見本誌をとることで支部が分かります

地域によって担当支部が分かれているため、お届けやお支払いの方法が地域により異なります。

見本をとると支部がわかるので、入会特典や支払い方法、配達方法などの詳細が分かりますよ~

しつこい勧誘は無く、気軽にお試しできるので、小学校入学前に何かお勉強を始めようかちょっとでも迷っていたら、まずは見本だけでも使ってみるのがおススメです♪

\ お申し込みはコチラから /かんたん入力で今すぐ無料見本を申し込む

子どもの習い事の定番「ピアノ」リアルな感想ーメリットとデメリット 娘は3歳9か月からピアノを習っています。現在まで1年半習ってみた感想と、メリットデメリットやかかった費用を率直にお伝えします。この記事...
子どもにも分かりやすい性教育の絵本~身を守る方法を教える~ 子どもが性被害にあうニュースを見ると本当に心が痛みます。 小さいうちは子どもだけで出かけることは無いので、目を離さず手を放さずに、...