餃子

簡単おいしい餃子の焼き方【3つのコツ】

好きな具材を楽しめる手作り餃子

焼くだけ簡単テイクアウト生餃子

いつでもストック!冷凍餃子

みんなが大好きな餃子は、ちょっとしたコツを押さえれば、誰でも簡単にパリッとおいしい餃子が焼けますよ!

コツは3つ

コツ1■油は多めに

コツ2■少し隙間を空けて並べる

コツ3■蒸し焼きは熱湯で

以上を守ればきっと昨日よりおいしく餃子が焼けるはず。ここから詳しく解説します!

餃子の焼き方

  • フライパンを熱し、多めのごま油を回しいれる

キッチンペーパーでのばさなくてもフライパンを傾けて全体に行き渡るくらいの量をいれると、こびりつかず香ばしく焼けます

  • 【中火】フライパンが十分に温まったら、少し隙間を空けて餃子を並べる

並べ方は円形でも列でもOK。餃子同士をぎゅうぎゅうにくっつけて並べると食べるとき皮が破れてしまいます。形も崩れてせっかくの肉汁がこぼれてしまうので、少しだけ隙間を空けましょう

  • 【中~強火】裏面に少し焼き色がついたら、餃子の高さ1/3ほどの熱湯を入れすぐ蓋をし、蒸し焼きにする

温度を下げないのが重要!必ず水ではなく熱湯を入れましょう

参考・うちのフライパンは28cmで熱湯80~100mlです

水分がなくなり、焼き上がりが近いと音が変わってきます。はじめはグツグツと沸騰している音ですが、パチパチ乾いた音に変化します。(約4~5分)

  • 【中~強火】音が変わり水分が無くなってきたら蓋を開け、焼き上げる
  • しっかり焼き色がついたら火を消して、フライ返しでフライパンと餃子を剥がす

油をしっかり敷いていればすぐ剥がれるはず。余分な油がある時はキッチンペーパーで拭きとりましょう

  • お皿を載せて一気にひっくり返す

お皿がフライパンより小さいと載せやすい。慣れないうちはお皿を持つ手にミトンをつけたり、フライ返しで少しずつお皿に乗せて♪火傷に注意!

完成!

餃子作りに便利な道具

私が使っている餃子つくりに欠かせないキッチン道具をご紹介!

バット

家にバットが1つあったのですが、餃子を一度に100個くらい作るのでバットが足りず、先日追加購入しました。

↓この商品の大サイズ(24.5×17.6)です。3つセットで1000円しなかったので、大満足です!

たくさん作って冷凍する時も、バットがあれば急速冷凍できるので便利ですよー

餃子ヘラ

餃子を包むときはスプーンより断然ヘラが包みやすいです。

この商品は一番安かったんですが、最低購入個数が2つです。

ヘラがない時は丸みがあるスプーンより、バターナイフとかの方が餃子には使いやすいですよ!

耐熱計量カップ

熱湯を入れるとき、電気ケトルを使っていますが、直接フライパンに注ぐと油がはねて汚れるので、耐熱計量カップが便利。

餃子じゃなくても熱湯・レンジ・食洗器対応の計量カップはひとつあると使えますね。

以上、餃子の焼き方&おすすめ餃子グッズでした!良かったら試してみてください