口コミ・レビュー

磨き残しゼロへ!顎が小さい子供に電動歯ブラシを購入。ドルツを選んだ3つの理由

5歳の子供の顎が小さめで、歯が重なり合っているところがあり、しっかり磨けているかずっと気になっていました。

仕上げ磨きにも気を使っているのですが、歯が重なっていてブラシが届かないところがあります。

かかりつけの歯医者さんでは、デンタルフロスの使用を勧められ時々使っていますが、毎日は大変…。

そこで、手磨きで届かない汚れを減らすため、電動歯ブラシを導入をすることにしました。

目的は、子どもの仕上げ磨きに親が使うこと。

でもいざ購入しようと思っても、種類があまりにも多く困ってしまいました。

どのメーカーがいいか、どの機種がいいか徹底的に調べて、これだ!という1台を選びぬいたので、同じ悩みを持つ方の参考になればと思い、選んだ理由と使った感想をまとめました。

この記事はこんな悩みを解決します
  • 子どもの仕上げ磨きに電動歯ブラシを使いたい
  • 子どもから大人まで家族で使える電動歯ブラシを知りたい
  • 替えブラシのランニングコストが気になる
  • 手磨きで届かないところの汚れを落としたい

この条件に合う電動歯ブラシを探しましたが、調べるのが大変でとっても時間がかかりました。

これから子どもの仕上げ磨きに電動歯ブラシを検討している方は、この記事で機種選びの時間が短縮できますよ!

子どもの仕上げ磨き用にPanasonicのドルツを購入した理由

電動歯ブラシの主要メーカーである

  1. 「Panasonicのドルツ」
  2. 「フィリップスのソニッケアー」
  3. 「ブラウンのオーラルB」

の中から最適のものを選びました。

最適というのは、電動歯ブラシの機能として一番優れているということではなく、今回の目的に一番合っているという意味です

私が電動歯ブラシに求めた機能は以下の3点です。

一台あれば家族で使えるもの

手磨きの習慣をつけたいこと、まだ電動歯ブラシを自分で使いこなすのは難しいと思うことから、子どもが自分で手磨きした後、親の仕上げ磨きで使えるものを探しました。

購入したら大人も使いたいので、「子供専用の電動歯ブラシ」ではなく、子供用ブラシと大人用ブラシが取り付け可能なもの。

音波(超音波)式のもの

電動歯ブラシの磨き方は大きく分けると2タイプに分かれます。

  1. 振動式・回転式…物理的にブラシで歯をこすり汚れを落とす
  2. 音波・超音波式…高速振動で汚れを落とす。水流でブラシから2㎜離れた汚れまで届く

今回の目的は手磨きで届かない歯が重なった部分の汚れを落とすことなので、音波式が合っていました。

替えブラシのランニングコストが良い

電動歯ブラシは3か月に1回のブラシの交換が必要です。

我が家は4人家族なので、続けて使いやすい価格の物を探しました。

3社のメインブラシのランニングコストを比較すると1本あたり

  1. ドルツ…366円
  2. ソニッケアー…1,327円
  3. オーラルB…717円
  • ドルツ…マルチフィットブラシ 6本¥2,198
  • ソニッケアー…プレミアムクリーン 3本¥3,982
  • オーラルB…ベーシックブラシ 5本¥3,588

2020年8月Amazonの価格より計算

電動歯ブラシ3メーカーを比較した結果

ドルツ ソニッケアー オーラルB
1台で家族が使える ×
磨き方 音波 超音波 回転
コスパ

全てをクリアしているのはドルツのみでした。

ドルツの中から「EW-DP33」を購入した理由

「EW-DP33」はブラシが3本付属しています

ここまで調べたら今度はドルツの中からどの機種を選べばいいのか問題です…。

そろそろ調べるのが疲れてきましたよ。でもゴールあと少し!

結論からいうと、購入した機種は「EW-DP33」

全6種類の中の上から2つ目。

ドルツの機能比較表はコチラ

正直比較表を見てもピンと来なかったのでザックリ分けると、重要な違いは

磨き方充電時間です。

ドルツの一番の売りは「歯科医師推奨の“ヨコ磨き”が唯一できる」ことで、最下位以外の5種は全て対応しています。

その中で、ヨコに加えて縦方向の“タタキ磨き”もできるのが、上位2種。

充電時間は通常1時間充電+2分充電で1回使えるクイック充電対応が上位3機種。

それ以外は17時間です。

細かいことを言うと6種で少しずつ違いますが、選ぶポイントはこの2つかなと思います。

今回、汚れ落ちがより良いものを求めていたので上位2種に搭載されているヨコ+タテの「W音波振動」にしました。

最上位モデルとの大きな違いは付属ブラシの量と磨きモードの数ですが、7種類ものブラシを使いこなす自信がないので3種のブラシとモードがついた「EW-DP33」に決めました

3種のモード。子供用ブラシにはソフトモードが最適。

 

ヨコ磨きができて、充電時間が長くてもOKだったら「EW-DL35」が1万円以内で購入できます。

実際にドルツ「EW-DP33」を使ってみた感想

ブラシの比較。子供用ブラシは黄色のラバーで保護してあり、歯が当たっても響きにくい

子ども用の歯ブラシで手磨きしていた時よりも全長が長いので、奥歯まで磨きやすいです。

ゴシゴシせず、ゆっくり当てていくだけで綺麗になって感動!

子どもは、初めての電動歯ブラシに少し緊張ぎみでしたが、動いている状態で少し触らせて痛くないと分かったら、しっかり口を開けてくれ、磨くことができました。

振動がやさしいソフトモード+子ども用の柔らかいブラシで、痛いと言われたことは一度もありません。細かく振動するので、時々「くすぐったい」と笑っています。

歯の重なった部分も意識してブラシを当てることで、細い隙間の食べかすもよくとれました。

私も電動歯ブラシを使ったスッキリ感に、もう手磨きに戻れないな…と思いました。

私自身あまり歯並びが良くないので、手磨きにも気を使っていたのですが、磨いた後のツルツル感はやっぱり違います。

朝はマルチブラシで2分、夜はマルチブラシと極細毛(歯周ポケット・隙間用)で2分ずつ磨いています。

電動歯ブラシのデメリット

手磨きでもそうですが、嫌がって動いている時にはしっかり磨けません。

電動歯ブラシは歯に対して90度に当てなくてはいけないので、磨いている間にしっかり口を開けて動かないでいられることが大事かなと思います。

でも、1回2分で綺麗に磨けるので、手磨きで時間を掛けるよりササっと終わらせられますよ!(30秒ごとにお知らせがあり、2分で上下左右を磨きます)

また、ドルツの電動歯ブラシは小学生未満は自分磨きはできないので、仕上げ磨きのみです。
子どもに使用する場合の注意点はコチラに記載がありました。

まとめ・顎が小さい子どもの歯をしっかり磨くなら、ドルツがおススメ

ドルツの機能をまとめると

  • 音波式でブラシが届かない汚れを落とせる
  • ブラシの付け替えで、2,3歳の仕上げ磨き~大人まで家族で使える
  • 替えブラシのランニングコストが良い
  • 使ってみると表面がツルツルと隙間の汚れ落ちが実感できた

こんな理由から、家族で使う電動歯ブラシにおススメの1台です。

Amazonレビューも☆4.5ととっても高評価なので、こちらの口コミも参考にしてくださいね。(口コミを見る)

子どもの仕上げ磨きは毎日のことなので、ぜひ電動歯ブラシを導入して、磨き残しの軽減と時短の効果を実感してください!